おすすめ投稿

ミュゼでの腕、両ひざ脱毛

自己処理に疲れたのと、将来への投資としてミュゼの脱毛に通いました。
予約方法は初回は初回の契約面談の際に日にちの予約を行いますが、その後は施術日に次回の予約をするか自分でweb上で予約・予約変更・キャンセルなどの作業が可能です。
自分の都合で日程を簡単に変更することができるので気楽に通うことができます。

腕脱毛サロンはこちら
施術方法はミュゼの場合、ジェルの上からレーザーを当てる方法です。施術前のシェーバーでの自己処理を自宅で行い当日を迎えます。剃り残しも今までだとス タッフが処理してくれていましたが、来年の4月からは完全自己処理制になるそうなので当日施術を受けるためにも注意が必要です。
肌の乾燥状態や自己処理の状態をスタッフが確認し、大丈夫であれば施術が開始されます。腕の場合だと腕の上下にジェルを塗られ、レーザーを当てられます。 ひざも同様ジェルの上からレーザーを当てます。個人差があると思いますが通い始めたくらいだとレーザーを当てる際にちくちく少し痛みを感じる程度でしたが 何度か通うと痛みを感じなくなります。効果は腕は元々毛質が細かったので数回で効果がみられました。ひざは埋まり毛もあったので、時間がかかるとまた生え てくることがありましたが脱毛に通うことで肌状態も良くなり気にならなくなりました。

きれい系細見えに賭けてます

薄着になるとユウウツなのが半袖やノースリーブの夏服。
モノトーンの服も秋冬ほどは選びにくいし、膨張色は恐ろしいし、重ね着したらエコのための弱冷房の世の中。
汗びっしょりになって、アウターが体にぴったり貼り付いたりしたら逆効果。

なのでなるべく袖周りがゆったり大きめのアウターを選び、少しでも視覚的に細く見える工夫をし、
二の腕用の角質取りクリームでせっせとブツブツをとり、肘周りの黒ずみをなくすために、
グリセリンやスクラブクリームで、綺麗にしたあと、保湿性のいいロクシタンのボディクリームを
使うという徹底お手入れをして、少しでも綺麗に見えるようにしています。

紺色とかワイン色とかの濃い色のアウターで、よく手入れした二の腕だと、
すっきり細く見えるように思えるし何より清潔感があると、人の目にふれる機会が増えても、
そんなに心配する必要もなくなって一石二鳥です。

以前は少しぐらい日焼けした方がすっきり締まって見えるかも、と思ったこともあったのですが
シミもつくりたくないし、日焼け後のケアの方が大変でした。
結局、男友達や上司にも白い方が華奢に見えるし何より女らしくていい、と男子目線の感想を言われたので
日焼けと皮膚のトラブルに気をつけて、少しでもきれい系細見えするようがんばっています。